前回からだいぶ日にちが空いてしまいました。世の中がコロナ一色となり、自粛が始まり、何をしていけば良いのか試行錯誤していました。


黙って休んでいても仕方がない中、一部の生徒さんにオンラインレッスンすることを強く薦めて頂いて、一念発起、IT家電難民の私は、そういうことに詳しい生徒さん、そのご主人、うちの夫と周りに協力を仰ぎ、なんとかオンラインレッスンを始める至りました。レッスン室までWi-Fiが飛ばないことから始まり、Wi-Fi中継機をつけても今度は防音ドアに遮られ、コードを延ばし、、、


たったこれだけのことが、私のような難民には果てしなく遠かった。。。協力下った生徒さん、ご主人さま、うちの夫、本当にありがとうございました。


まだ小さなトラブルはありますが、なんとかやっています。画面の中ですが、久しぶりに皆さまとお会い出来て嬉しかった。皆さん、お元気で何よりです。


概ね好評頂いています。このままずっとオンラインレッスンではないので、コロナが収まった暁には、すぐに元のレッスンに戻りたいので、皆様、ご理解、ご協力ください、お願いいたします。


ただ中には、、、


オンラインなのだから、月謝は払いたくない、マケテくれとか、目が点なことをいう人が、ほんのちょっといた。その時もはっきり言ったが、オンラインだから楽な訳ではありません。労力はかえって大きいです。。タブレットの画面をじっと見て、音を拾い、こちらのリアクションが伝わるように普段より動作や表情は大きいです。


今、テレワーク、在宅と推奨されています。あなたもテレワークだと言っていましたね。自分に置き換えてください。


会社からこう言われました。テレワークだから楽でしょ?だから給料払わなくていいですよね、タダって訳も悪いから半額払いますよ。


あなたの言ったことはこういうことです。


私にそう求めるなら、あなたはぜひ、あなたの会社にこう申し出てください。テレワークだから、楽だから、タダ働きします、でも会社もやりにくいでしょうから、給料は半額でもいいですよ!





今年も無事に終わりそうです。皆様、今年もありがとうございました。


令和という新しい年が始まり、新しい天皇陛下と皇后陛下がご即位されて、誠にめでたい年でありました。皆さんは今年はどんな一年間でしたか?


私は教室の最大行事の発表会が台風の被害もなく無事に終わって、ほっとしたのもつかの間、やはり来ました、体調不良。


気力も体力も知力も使うのか、発表会の後は入院したり、点滴したり、それなりのダメージはあるのですが、今回は参りました!


回転性めまい、メニエール病、ちょっと判断つかないのですが、どちらでしょうという診断が下りました。


ものすごいスピードで天井が回ります。それと同時にものすごい吐き気です。実際嘔吐します。疲れ、ストレス、気圧など色々な誘因があるそうです。三半規管です。


前触れにひどい耳鳴りがあります。発表会の一週間くらい前からひどい耳鳴りで、薬を上手く飲み込むことが出来ませんでした。


この耳鳴りは多くの人に見られる前兆だそうです。本当は耳鳴りの時点で病院に行くと、上手くすると予防薬で押さえることが出来るそうです。皆さんも普段とは違う、おかしいと思ったら病院に行って下さいね!


お陰様で数時間で治まりましたが、数日から長い人は二週間くらい続く人もいるそうです。


それと、長年の懸案、偏頭痛のひどい一年間でした。一度偏頭痛が始まると目の奥がえぐられるような痛みです。うまく予防薬と痛み止めを使ってコントロールをしていくしかないのが現状です。


来年は健康第一、痛みのない生活を目標に仕事も少しセーブしたいと思います。実際、レッスンで、とてもストレスのかかる、ごく一部のレッスンがあります。私とあまりにま考え方が違う、、、あまりにも自分の権利みたいなものを主張されてもね、、、


来年は少しだけ、自分のためにも仕事を整理してみたいなと思います。


とはいえ、ほとんど今までどおり頑張ります!ほんの1%くらいの話です。


来年もよろしくお願いいたします。来る年が明るく素晴らしい年でありますように。来年もよろしくお願いいたします。



台風もぎりぎり当たらなくて、無事に発表会が終了しました。


ひどい台風で、被害にあった方々にはなんと言っていいか。お見舞い申し上げます。


さて、発表会は昨年同様、午前に小さな子供たち、午後から大人の生徒さん、親子、姉妹、同級生、教室でのお知り合いなどの組み合わせの連弾、重唱、合唱、サックスやウクレレと多様なプログラムでした。


また、出演頂いた皆さん、いらして下さったお客様、ありがとうございました。また毎年お手伝い頂いています、発表会コーディネーターのTさん、お若い生徒さん方、私の友人、伴奏の先生、皆さんのお土産を選んで手配して下さった生徒さん、ゲストの先生方、夫、本当にありがとうございました。


子供の部では、連弾に挑戦して下さったお父様、頑張りました。初めてピアノの弾いたとのこと、緊張の中、ありがとうございました!初めての試みでした、これを機に挑戦してみたいお母さん、お父さん、遠慮なく私に申し出てください!歓迎します!


それから東京音大の大先輩にあたりますK先生、お運び頂いてありがとうございました。お預かりしました先生の大事な生徒は、責任持って精一杯教えます。良いご報告が出来るように頑張ります。





今年、カバリエが亡くなりました。

そしてジェシー ノーマンが亡くなりました。


そして今日、佐藤しのぶさんの訃報が入りました。


素晴らしい歌を歌った方々です。ありがとうございました。

声楽の生徒さんの、それぞれの伴奏合わせがありました。


朝から来て頂いて、次々と一人一人合わせ下さった伴奏の先生、当時歌って頂くゲストの先生、お忙しい中、時間を合わせ来て下さった生徒の皆さま、ありがとうございました。ゲストの先生の歌、難しかったなあ。マスネの『ル・シッド』から、「泣け、泣け、わが瞳よ」という歌です。モンセラート・カバリエが歌っているCDがあります。素晴らしい歌です。


皆さんの出来ばえは、細かいことを言ったら切りがないですが、概ね良く出来ました。本番が楽しみです。何が概ねかとかとうと、もう一頑張り、こう歌いたいという思いみたいなものが欲しいのです。高い声が出るとか出ない、揺れのない声とか、発声の問題はもちろん大事。でもですね、それだけではなくて、その人の歌というか、うまく言えないな、表現って言ったら薄っぺらいし、、、


しかし、音楽って楽しい。歌と伴奏、それはもう立派なアンサンブル。ただ合わせるだけの伴奏でも、独り善がりな歌でも、それはダメ。交ざりあったときの美しさって、ああ、私、音楽が好きです!って思いました。


この楽しさを皆さんにも知ってほしいのです!!