まあまあ近所に住む二期会の同期の友人がフランスものの歌に精通しているので、勉強会をしてほしいとお願いし、お忙しい中、昨日、第二回勉強会をしてもらいました。


前回の宿題の歌の発音をチェックしてもらい、新しい歌の発音を教えてもらい、頭も目も目一杯使って終了。やりたい、やりたいと希望だけでは何も始まらず、たったの三曲だけども、塵も積もれば方式でこの先継続出来たら10曲、20曲も夢じゃない!!秋の発表会で私も披露出来るように頑張ります。


夏ももうじき終わり。暑くてうんざりしたけど、終わりそうになると名残惜しい。そんな話もして、近所の焼き鳥屋さんでお喋り三昧して、良い時間を過ごしました。

二期会の同期で、まあまあ近所に住んでいて、二期会のころからうちの発表会をお手伝い頂いている友人がいます。最近はこちらの生徒さんも出演して頂いていて、音楽繋がりが増えてくることは嬉しいかぎりです。


この友人は非常に勉強家であり、ドイツ語、フランス語、ロシア語、イタリア語に至っては会話からイタリア語検定二級という優秀さなのです。


私はドイツ語は怪しく、フランス語に至ってはお手上げ、、、


そこで友人が提案してくれたのが勉強会をやろうということ。先日、第1回を開いて頂きました。


頭フル回転の二時間半。脳ミソの栄養を使い果たしました。なかなかのスパルタレッスンだったのです!宿題を頂いて終了。


友人に後程感想を送ったところ、「若いころ、先生に追い立てられるようにやっただけなんだよ。」と。


そうなのです。大人になって自由が増えました。追い立てられることはもうありません。勉強するも、練習するも自由裁量なのです。その代わり、責任も増えました。出来なくても誰も庇ってくれなくなり、責任は自分が負うのです。


そして思う。学生のころもっとやっておけば良かった。。。


しかし、幸いなことに私にはまだ勉強するチャンスがあります。このように一緒に学んでもらえる友が私にいることは、幸せなことです。


さあ、宿題します。

4才から習いに来てくれていた男の子が、この春、大学を卒業し、4月から社会人一年生になります。


私の呟きを聞いてください、、、


先日は君の努力の結晶を見せてくれてありがとう。私に見せてくれるなんて、嬉しくて、泣きそうだったので、ぶっきらぼうになってしまいました。ごめんね。


小さい頃は本当にかわいくて(今だってかわいいのです、見た目は大人ですが、中身はまだまだ、、、)小さい手で一生懸命弾いていました。今だって一生懸命弾いているし、歌いますよ。お母さんに厳しく躾られていて、きつく言われて泣いていたなあ。


大きくなった君の歩み出そうしている職業は、人との繋がりが濃い、難しい職業です。勉強も必要です。心配は尽きません。だけどそろそろお母さんも私も子離れしなければ。寂しいですね。


今日のレッスンが君の学生最後のレッスンでしたから、それは細かく言いましたし、色々言いましたね。身綺麗にしなさい、とか、仕事の前にニンニク臭いものは食べないとか(笑)


でも次のレッスンで君と会うときは社会人になっているのだから、もう私と対等です。私も多少は今までより遠慮した物言いにします。


でも、何か困ったらいつでも出来るだけのことはしますからね。


頑張れ、社会人!今まで良い子で、良い生徒だった。不安に思うのは自分の弱点をいやというほどわかっているからです。それを払拭するのは自分しかない。克己、己れに克つ、この先、辛いことあっても、逃げ出したいときも、克己心を持って進んでください。


では二週間後、レッスンでお会いしましょう!!




数年前まで全く興味がなかった宝塚でしたが、ちょっとしたきっかけで観劇する機会があり、その豪華絢爛さに圧倒されて、それ以来時々見に行っています。

何組が好きとか、誰が好きとかはとくになく(本当の宝塚ファンの皆様、ごめんなさい)、ただ光輝く舞台を、大階段を降りてくる眩いタカラジェンヌをうっとり眺めているだけで夢の時間を過ごさせて頂いていました。

が、何度目かの宝塚で出会ってしまったのです!その名は紅ゆずるさま。あえて様付けにしてしまうほどの男前。惚れた。

べらんめえ口調、関西人らしい鉄砲のような早口からの正統派男前の声色に仕草。痺れます。

それ以来、紅ゆずるの舞台は欠かさずチケットを取ることを試み(かなり外れました)、久しぶりの舞台、行きました。

変わらない男前、瞬きするのも惜しんで見ました。大階段から降りてくる姿は凛々しくスパンコールが眩しい衣装にトップスターだけが許される、あの羽!

素晴らしい舞台をありがとう!

高揚する気分で帰宅したのですが、まさかの知らせ。なんと2019年いっぱいで引退されるとのこと。。。

でも、本当にお疲れ様でした。あんな素晴らしい舞台を何年もトップで演じて踊るのだもの、大変です。ことし一年、怪我や事故なくお過ごしください。

しかし、宝塚ってすごい。自前で宝塚と日比谷に劇場を持っていて、自前のオケがあって、衣装から、演出、なんていったって宝塚音楽学校を持っている。お金を払っても観劇したい人がたくさんいて、常に満席。行きたくてもチケット取れない。

お客様はみんな夢の世界にいる。

日本のオペラ界は??二期会は??この差はなんだろう。



窓から桜が見えます。ここに住まうようになり、毎年の楽しみでありました。

今朝、嫌なモーターの唸る音が外から聞こえたので、のぞいてみると桜が伐採されていました。

樹齢は30年近くかな、ソメイヨシノにとっては、確かにそろそろ命の終わりが近づいていたのかもしれない。

しかし、今日、2/19になぜ切るのだろう。夏を過ぎ、真冬を過ごし、あと一月半ほどで花を咲かせるはずったのに、何故に今、切るのか?

誰が決めたのか知らないが、何の理由か知らないが、なんと不粋な振る舞いだろう。古来から、日本人に愛されて来た桜なのに。

しばらく作業を見ていたが、心が痛んで仕方なかったので、窓から離れてしまいました。